FC2ブログ
03
2007

オープンデスク

3月よりオープンデスクで事務所に参加した中村君からメールが届きました。様々な体験を経て成長したようです。卒業設計頑張れ!masa
■感想 from namkamura
最初設計事務所とは、どのようなことをするのかさっぱりわかりませんでした。ただ学校での設計の授業が楽しくて、設計がしたいと思い、就職活動をしていました。しかし卒業設計に着手できないということから休学することになり、谷口先生にアルキノーバを紹介していただきました。アルキノーバでは企画書の作り方、図面の書き方、建物が建つまでの流れなど様々なことを勉強させていただき、建築事務所の業務、役割が少し、わかったような気がします。
ありがとうございました。
■感じたこと
利益を第一に考えるのが普通の企業ですが、設計事務所(アルキノーバ)は時間を惜しまず建て主と話し合いを何度も何度も繰り返す、まさにサービス業であるということ。
また設計は、設計者がの経験してきたこと、知識、すべてがどっかしらで建築に関わってくるということで一生勉強ということがわかりました。つまり建築家にとって無駄なことはない、ということがわかりました。
■依然と変わったこと一番はソフトがたくさん使えるようになったことです。毎週過酷な宿題をヒーヒーいいながら頑張ったことがソフトの習得、自信にもつながりました。
あとはMac中毒になったこと!?笑
以前はMacを使ったことがなかったのに、事務所はすべてMac!
最初はまいりました。しかし今ではwindowsよりMacの方が使いやすく、Macを買おうかと思っています。
いろいろありがとうございました。またなにかありましたら、呼んでください!!
QMでの体験乗馬

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment