FC2ブログ
24
2011

人工地盤

斜面住宅の緑:竣工から20年、棟間は緑のスクリーンに成長しました。集合住宅は戸建住宅では実現する事が難しい建物の間の距離を確保する事ができます。戸建の敷地であればお隣の建物の距離は都会なら双方50cm、合計100cmが実態でしょう。この建物は1000cm(10m)の距離を離す事が出来ました。また、建物が離れていれば高木も育つ事が可能です。しかも、ここは土ではなく人工地盤の上に育った緑です。棟間の緑
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment