FC2ブログ
26
2011

斜面住宅:丘の上に暮らす

1991年竣工の斜面の集合住宅に暮らす皆様から建物の維持管理に対するご相談をうけ、お訪ねしてきました。SUM建築研究所時代に設計を担当させていただいた集合住宅です。高低差52mの急斜面、設計当時の様々なことが思い浮かびました。この建物を愛し、長く住まい続けたいお気持ちをたくさんお聞きでき、設計を担当したものとしてこの上ない喜びを実感して参りました。長く住まい続けていただけるよう最良のご提案をさせて頂きたいと感じました。おいしい食事やワイン、大変にありがとうございました。
斜面住宅、丘の上に暮らす
スポンサーサイト



Tag:緑化 屋上緑化 快適な 屋上緑化の家 快適な住まい リフォーム 大規模修繕

2 Comments

J.WATANABE  

ありがとうございました。

昨日はお忙しい中ありがとうございました。
また、長時間お引止めしてしまい恐縮です。

私たちも、設計者の意図やご苦労エピソード、また、住んでいても気がついていない様々なクオリティーや、他に無い「この物件を買ってよかったな」と思える価値を再認識することが出来ました。

また、今後の修繕計画も我々素人が闇雲に論議を重ね、プロと言われる「普通の感覚」のものさしを当ててくる業者相手に、気がついたら、このマンション本来の良さ(デザインの破綻が一切無い)ことなど、が失われて、少しづつ曇ってしまうのではないかと危惧しておりました。

実際に図面を引かれた高木先生と、このタイミングでお会いできたことは非常に価値があることだと感じております。

今後もよろしくお願いします。

2011/02/27 (Sun) 07:07 | EDIT | REPLY |   

TAKAGI  

素敵な皆様

WATANABEさま、奥様 素敵な住まい方うらやましい限りです。先週は新しい建て主に斜面型の建築の提案を致しました。建築は出来上がったときが一番よいではいけないと感じています。10年20年と住み続けて頂き、年を重ねるごとにまた違った良さを感じる。そのような住まい、建築を作り続けてゆきたいと思います。私の実家は100数十年を経過しておりますが必要なメンテナンスを施し、楽しい庭と風格のある住まいとして現役で機能しております。

帰りがけ、気になるクラックなどがあり、長くお使いいただくためには、
適切なメンテナンスが必要と感じました。

皆様のコンセンサスが得られることをお待ちしております。

2011/03/06 (Sun) 09:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment